女の人

万全の対策をして駐車場経営を始めよう|不動産投資のコツ

ニーズに合いリスクも減少

つみき

滞納リスクを軽減できる

マンションやアパートなどの経営をするとき、長期的な視野で行います。住宅ローンなどを利用して建物を建てることもありますから、その間きちんと収入が出ないといけません。せっかく入居はしてもらえても、きちんと賃料を払ってもらえないこともあります。マンション経営をするときに利用できるサービスに家賃保証があります。家賃保証サービスでは、借主が賃料を払ってもらえないときにその料金を支払ってもらえます。ですから、滞納されることはありません。サービス会社が借主に対して賃料の請求をしてくれるので、請求に関する手間もかかりません。滞納者に対して請求をするのは決して楽な業務ではありません。専門的な業者に対応してもらった方が、業務効率が上がります。

時代の変化でニーズ上昇

昔は、家族はみんな一緒に暮らしていました。高度経済最長では、田舎から都会へ出る人が多くなり、核家族化が進みます。最近は高齢化により、都会に田舎の親を呼び寄せるスタイルも出てきています。ただ、昔のように家族みんな一緒ではありません。高齢者の介護の問題も出てきています。一人暮らしをしようとするとき、本来は家族に連帯保証人を依頼します。しかし、家族の形態が変化してなかなか頼みづらくなっています。不動産経営を行う上で、誰かに連帯保証人を受けてもらうだけでは対応しにくくなっています。家賃保証は、会社が家賃保証をすることで、借主は連帯保証人を得るサービスです。多くの借主が利用を希望していることもあり、ニーズに合わせられます。